2024年05月10日

【vol. 562 これからよくなる!と期待する力】-プラセボ効果

StockSnap_S71DNI6DMP.jpg










seesaa300万達成しました!
いつも、聴いてくれてありがとう!
こちらをポチっとすると、フルバージョンをお聴きいただけます!

皆さんは、自分が楽観的だと思いますか?

それとも悲観的でしょうか?

プラセボという言葉を皆さんも、お聞きになったことがあると思います。

プラセボというのは、薬の成分が入っていない偽物の薬、偽薬のことをいいます。

新しい薬の開発をする治験の時に、新薬の効果を測るために、プラセボと比較する話をよく聞きますよね!

プラセボという言葉の語源は、ラテン語で「私を喜ばせる」という意味なのだそうです。

でもプラセボが、どうやって私たちを喜ばせてくれるんでしょう?

実は、2010年にパーキンソン病の方向けにプラセボの実験が行われました。

その時患者さんをいくつかのグループに分けて

「これから飲む薬は、本物かもしれない、プラセボかもしれません。」と伝えたんです。

そしてグループごとにそれぞれ、本物の薬である確率は、25%、50%、75%と伝えました。

すると「75%の確率で本物です。」といわれたグループの人たちは、

実際に飲んだのはプラセボだったの、すべてのグループの中で、病状か一番改善したという結果が出ました。

つまり期待の大きさが、病気の治療に役立つがことがわかったんです。

実はこの期待する力は、すべての人に備わっています。

人間の脳が、そういう風にできているからです。

人類が長い歴史の中で、厳しい時期も乗り越えてこられたのは、

実際には、いい事と悪いことが起こる確率が半々の時でも、

脳は「きっといいことの方が起こるに違いない!」と期待するようにできているからなのだそうです。

そういえば、首都直下地震はこの30年に70%の確率で起こると聞いていますが、私たち、割と楽観的に暮らせていますよね。

確かに現実的に考えることも大切ですが、

とくにつらい時には、物事は明るい方に期待できると、心も体もグッと楽になります。

そしてその力は、あなたにも備わっているんです!

ぜひ【悩みは神様からの贈り物】から、期待すると、物事が好転する実例と秘訣をもっと聴いてくださいね!

悩みはあなたと家族がもっと幸せになるための贈り物!
大丈夫!あなたにもできます!
著者 心理カウンセラー/講演家 かなう美保 

12歳までの記憶を失う体験をする。重い障害の娘を自宅で看護し天国に送った。息子の頭にこぶし大の腫瘍ができ、頭蓋骨が3㎝の半円状に溶ける経験をした。発達障害のため担任からいじめられたことが原因で高校を中退、ひきこもりになった息子に寄り添う。やがて息子は大学に入学、現在は小学校の先生をしている。特別養子により血のつながらない子を我が子として育てている。 

カウンセリングに興味のある方は! HP ⁠⁠⁠http://kanaumiho.com/⁠⁠ 
Facebookアカウント ⁠⁠⁠⁠https://www.facebook.com/mihokanau

※spotify podcastの「悩みは神様からの贈り物」フォローして、応援してもらえたらうれしいです!

posted by かなう美保 at 14:09| Comment(0) | TrackBack(0) | ポジティブ思考 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック