2023年04月21日

【vol.518 悲しい気持ちを乗り越える】-悲しみから立ち直るための3つのエッセンス《悩みは神様からの贈り物!》

StockSnap_TIKIL6JEJP.jpg



















いつもありがとうございます!seesaa280万達成できました!

お子さんを事故で亡くされた方のドキュメンタリーを最近見ました。

当時1歳だったというお子さんの話をするお母さんのまったく涙が止まらない様子から、きっとまだ亡くなって間もないのだろうと思いました。

ところが実はもう30年の年月が流れていたんです。

このお母さんは30年間も心の傷口が開いたまま、痛み続けてきたから一つ一つの話が、まるで昨日のことのように鮮明だったんだとわかりました。

私自身子供を亡くした経験がありますから、ある程度の時間が必要なことは理解できます。

でもこんなに長い間苦しみ続けてきたのだと知ってとても気の毒に思いました。

番組の後半でそのお母さんが初めてのカウンセリングを受け、癒されていく様子が見れて少しホッとしました。

大切な人を失う経験はもちろん、離婚や失業、人間関係がうまくいかない時、また子供の時の悲しい体験など「こんなことが起きて欲しくなかった。」感じる事が起きると、私たちは悲しみを感じます。

どうしても収まらない怒りや相手をどうしても許せないと思う時にも、その根底に「こんなこと起こって欲しくなかった。」という悲しみが沈んでいることはよくあります。

今日はそんな悲しみの乗り越え方について3つのエッセンスを話しています。
ぜひ聴いてみてくださいね! (いいね!+youtubeチャンネル登録 もらえたら励みになります!)

本当は悲しいのにわざと明るく見せたり、忙しく過ごして気持ちをごまかすと悲しみはかえって長引いてしまいます。
悩みはあなたと家族がもっと幸せになるための贈り物!
大丈夫!あなたにもできます!
著者 心理カウンセラー/講演家 かなう美保  12歳までの記憶を失う体験をする。重い障害の娘を自宅で看護し、自らの手の中で天国に送った。息子の頭にこぶし大の腫瘍ができ、頭蓋骨が3㎝の半円状に溶ける経験をした。発達障害のため先生からいじめられ不登校からひきこもりになった息子に寄り添い、やがて息子は自ら勉強を始め大学に入学、社会復帰を果たした

 カウンセリングに興味のある方はこちら! 
HP http://kanaumiho.com/ 
Facebookアカウント https://www.facebook.com/mihokanau

youtubeはこちらから! 




posted by かなう美保 at 14:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 心をいやす | 更新情報をチェックする

2023年04月14日

【vol.517 あなたは悪くなかった】-ナラティブアプローチで自由になる!【悩みは神様からの贈り物!】

StockSnap_HPG1PUZFXX.jpg














いつも聴いてくれてありがとうございます!seesaa280万達成できました!

アダルトチルドレンなど、自己肯定感がもてず、生きづらさを抱えている方は、「自分のせいでこうなった。」という罪責感を心の中抱えていることが多いようです。

特に子供の「自分は親の期待にちゃんと応えられなかった。」「親の要求を満たせなかった。」「親を幸せにできない。」と感じることが多かったり、

絶対的な存在の親から「お前が悪い。」と言われてきた場合、常に「問題は自分にある」「自分のせいだ」と感じてしまうことが多く、その罪責感を払しょくすることは容易ではありません。

でももしその罪責感がなくすことができれば、人生が激的に変化します。

大人になってからも続くような罪責感は、ほとんど場合親の幼稚さが原因です。

もし親の厳しさが本物の愛情なら、心に痛みが長く残ることはありません。

本当に愛情深い親が、一生心に残る傷を子供につけるはずがないんです。

でも親が未熟で、子供を愛せなかったり、自分勝手だったという事実は、「自分は愛されなかった=自分は愛される価値がない人間」という思い込みをつくってしまうことが良くあります。

子供はどんなにひどい親だとしでも、自分の親が大好きだからです。

自分を価値のない人間と感じながら生きることは辛すぎるので、むしろ「自分のせいで、愛されなかったんだ。」と考えることを選ぶようになってしまうんです。

でもその結果本来自分のものではない罪責感を抱えながら生き続けることが、人生に苦しみをつくります。

皆さんは ナラティブアプローチについてお聴きなったことがありますか?

今日はナラティブアプローチを使って、罪責感から自由になる方法を話します。ポチっとして聴いてみてくださいね! (いいね!+youtubeチャンネル登録 もらえたら励みになります!)

私たちは、様々なでき事に意味付けをして自分に結びつけています。だから出来事の捉えかたが変われば、人生は大きく変化するんです。
悩みはあなたと家族がもっと幸せになるための贈り物!
大丈夫!あなたにもできます!
著者 心理カウンセラー/講演家 かなう美保  12歳までの記憶を失う体験をする。重い障害の娘を自宅で看護し、自らの手の中で天国に送った。息子の頭にこぶし大の腫瘍ができ、頭蓋骨が3㎝の半円状に溶ける経験をした。発達障害のため先生からいじめられ不登校からひきこもりになった息子に寄り添い、やがて息子は自ら勉強を始め大学に入学、社会復帰を果たした

 カウンセリングに興味のある方はこちら! 
HP http://kanaumiho.com/ 
Facebookアカウント https://www.facebook.com/mihokanau

youtubeはこちらから!

posted by かなう美保 at 15:19| Comment(0) | TrackBack(0) | アダルトチルドレン、自己肯定感 | 更新情報をチェックする

2023年03月24日

【vol.516とらわれから自由になる!】-過去・現在・未来の囚われに気づいてもっと自由に生きる《悩みは神様からの贈り物!》

StockSnap_XDSN9BRX80.jpg











いつも聴いてくれてありがとうございます!seesaa280万達成できました!

私たちは誰でも過去、現在、未来の三つの時空を生きています。

この三つ時空をいいバランスで生きられるのが理想ですが、人それぞれタイプがあって、みんな生き方の癖をもっているようです。

今日は未来への囚われ、現在への囚われ、過去への囚われから自分のタイプを知って、三つの時空をバランスよく生きる秘訣について話しています。

一つ目は未来に囚われている人です。このタイプは心配症の方が多いようです。 

将来をしっかり考えて、今準備するのはいいことだといわれていますよね。でもバランスが必要なんです。

未来に囚われすぎると、心配して先の準備ばかりすることになり、今を生きられない、楽しめないということが起きてくるんです。

たとえば、家に物が多いすぎるのに捨てられないのは、「捨てちゃたら将来、後悔するかも…」と心配だからですよね。

でもそのために家が片付かなくて、本当はもっと広いスペースのはずなのに、狭いところに我慢して生活しているなら、

未来の心配に囚われて、そのために現在が犠牲になっているということです。

実際にその未来がやってきたら、その時は快適な部屋になるかといえば、その時はその時でさらなる未来のために、現在を犠牲にするんです。

これではいつまでたっても、今、現在を楽しめる日がやってきません。

未来に囚われている自分に気付いたときは、自分の人生は「何とかなる!」という安心感、未来への不安を払しょくして、自分の人生への信頼感を育むことを意識してください。

未来への囚われ、現在への囚われ、過去への囚われ、それぞれのタイプと対処法について詳しいことを話しています。ポチっとして聴いてみてくださいね! (いいね!+youtubeチャンネル登録 もらえたら励みになります!)

過去、現在、未来になぜ、自分が囚われてしまうのか理解すると、今よりもっと自由に生きられるようになります!
悩みはあなたと家族がもっと幸せになるための贈り物!
大丈夫!あなたにもできます!
著者 心理カウンセラー/講演家 かなう美保  12歳までの記憶を失う体験をする。重い障害の娘を自宅で看護し、自らの手の中で天国に送った。息子の頭にこぶし大の腫瘍ができ、頭蓋骨が3㎝の半円状に溶ける経験をした。発達障害のため先生からいじめられ不登校からひきこもりになった息子に寄り添い、やがて息子は自ら勉強を始め大学に入学、社会復帰を果たしている。

 カウンセリングに興味のある方はこちら! 
HP http://kanaumiho.com/ 
Facebookアカウント https://www.facebook.com/mihokanau

youtubeはこちらから! 



2023年03月17日

【vol. 515 違和感をつくって自己肯定感を育てる!】-違和感を感じるとき自己肯定感は育っている《悩みは神様からの贈り物!》

StockSnap_EXOYQVWUV0.jpg













いつも聴いてくれてありがとう!seesaa280万達成できました!

もし皆さんがスーパーでアルバイトをすることになって、その初めて日に店長から


「お客さんには元気な声でいらっしゃいませ~!」と声をかけてくださいね。と言われたらどうするでしょう?

「私には、ちょっとできません…」とは言わず、きっとシャイな人、おとなしい人でもなりきってやるのではないでしょうか?

でも店員じゃない時に「大きな声でスーパーいらっしゃいませ~!と言ってください。」と言われたら、「それはできません。」と答える人は多いかもしれません。

「自分は店員だ!」と考えたとたん、普段はできないこともできるって、考えてみればすごいですね!


私たちは、これが自分に相応しい、居心地がいいと考えることを常に選択をしています。

「自分は幸せになる価値がある!」と考えている人は、そういう自分にふさわしい話し方をし、ふさわしい洋服を選び、ふさわしい友達をつくります。

一方自分を「ダメな人間」と考えている人は、ダメな自分を演出する服装を選び、「やっぱりダメだ…」と自分が確認することを無意識に選択してしまうんです。

そう考えると今の環境、自分が選んだ夫や妻、友だち、仕事、様々な状況など、

全てが自分の自己肯定感、つまり「私はこんな人間。」とあなたが頭の中に思い描いているイメージを反映してしまっていることになります。


どうでしょう?
そのイメージ、今の状態はあなたが望んでいるものでしょうか?

もしそうではないとしても、生活の中で違和感をつくることで、自己肯定感は育てることができます!

違和感をつくって自己肯定感を育てる秘訣を、続きで話しています。ポチっとして聴いてみてくださいね!
(いいね!+youtubeチャンネル登録 もらえたら励みになります!)

自己肯定感を育てるためには、意識して違和感をつくることです。違和感を感じる状態こそが、今までの自分を越えて自己肯定感が育ってきてる証拠なんです。
悩みはあなたと家族がもっと幸せになるための贈り物!
大丈夫!あなたにもできます!
著者 心理カウンセラー/講演家 かなう美保  12歳までの記憶を失う体験をする。重い障害の娘を自宅で看護し、自らの手の中で天国に送った。息子の頭にこぶし大の腫瘍ができ、頭蓋骨が3㎝の半円状に溶ける経験をした。発達障害のため先生からいじめられ不登校からひきこもりになった息子に寄り添い、やがて息子は自ら勉強を始め大学に入学、社会復帰を果たしている。

 カウンセリングに興味のある方はこちら! 
HP http://kanaumiho.com/ 
Facebookアカウント https://www.facebook.com/mihokanau

youtubeはこちらから!



2023年03月10日

【vol.514 心の欠乏感をうめる秘訣】-欠乏感が埋まると人間関係もかわる!【悩みは神様からの贈り物!】

StockSnap_MGBXBRJ6XH.jpg













いつも聴いてくれてありがとう!seesaa280万達成できました!

皆さんは、他の人を褒めることが得意ですか?褒め言葉って、いつでもだれでも周囲の人にできるプレゼントですよね。

でもなかなか人をほめられないという方もいるようです。

会社の人とか、友人とか少し距離があれば褒められても、夫や妻、両親や子供など、身近な人だと、なんだか褒めづらいということもあるようです。

皆さんはどうでしょう?単純な照れということもあるかもしれません。

でも多くの場合、ほめられない本当の理由は、自分が貰ってこなかったからということがあるようです。

「本当はたくさん褒めてほしかったのに、褒めてもらえなかった。
「もっと認めてほしかったのに、認めてもらえなかった。
「ありがとうって言ってほしかったのに、言ってもらえなかった。」

こんな風に自分が貰えなかったから、自分の中には人にあげる言葉がないし、あげたい気持ちにもなれない。

どうやらこれが本音のようです。

私たちはみんな、誰かにあげる前に、まず自分が欲しいんです。

最初に自分がたっぷり褒めてもらって、十分自分を認めてもらった後なら、気前よく人にもあげられると考えているんです。

「私は、十分もらってないし、十分どころか、今までひどいことされてきた。本当はもっともっと褒めてほしいのに。」

こんな思いを引きずったままだと、心の中に欠乏感が増してきます。

この欠乏感が「今日からは、たくさん人を褒めよう!」と決心しても、なかなかそれが続かない理由なんです。

「もっと優しくしてほしかった。本当は悲しかった。寂しかった。」こんな想いが心の中に残ったままだからなんです。

こんな恨みや悲しみを心に持ち続けていたら、それが外にも映し出されるので、自分の周りには、寂しい人ばっかりが集まってきます。

そしてお互いに「これをくれなかった、あれをくれなかった。」と奪い合いになってしまって、せっかく近くいるのに寂しい関係になってしまうんです。

この欠乏感は、どうすれば埋めることができるんでしょう?
心の中の欠乏感が埋まり、身近な人間関係もよくなる秘訣を話しています。
どうぞ、続きも聴いてみてくださいね!
(いいね!+youtubeチャンネル もらえたら励みになります!)

一人が寂しくて二人になったのに、二人になったらもっと寂しいということってありますよね。でも欠乏感が埋まってくると身近な人との関係が変わります。
悩みはあなたと家族がもっと幸せになるための贈り物!
大丈夫!あなたにもできます!
著者 心理カウンセラー/講演家 かなう美保  12歳までの記憶を失う体験をする。重い障害の娘を自宅で看護し、自らの手の中で天国に送った。息子の頭にこぶし大の腫瘍ができ、頭蓋骨が3㎝の半円状に溶ける経験をした。発達障害のため先生からいじめられ不登校からひきこもりになった息子に寄り添い、やがて息子は自ら勉強を始め大学に入学、社会復帰を果たしている。

 カウンセリングに興味のある方はこちら! 
HP http://kanaumiho.com/ 
Facebookアカウント https://www.facebook.com/mihokanau

youtubeはこちらから!




2023年03月03日

【vol. 513母の束縛から自分を守る境界線】親の影響から自由になる!《悩みは神様からの贈り物!》

StockSnap_MFXPPEF1CE.jpg











いつも聴いてくれてありがとう!seesaa280万達成できました!

生声メッセージは、こちらからお聴きいただけます!

束縛の強い母に育てられたために、自分の人生なのか、母の人生なのかわからない、そんな話を聞くことがあります。

親の束縛から逃れたくて「絶縁したい」と考える人も多いようです。確かに暴力など絶縁が必要なケースもあります。

でも日本の現状では親が入院したり、介護になれば、結局子供のところに連絡がくるので、本当の絶縁は難しいようです。

それなら束縛する親に、どう対処すればいいんでしょう。

今日は束縛する親から自分を守るための境界線のつくりかたについてお話しします。

今日お話しする方法は様々な人間関係にも応用することができます。

絶縁しないで関係を続けるためには、むやみに相手からエネルギーを奪われないよう、境界線を引くことが必須です。

反発を感じてる人はきっと、堅固な境界線をもっていると考えられがちです。

でも実際は境界線が確立していないから、入ってほしくないところ、触れてほしくないところまで、勝手に心に入ってこられてしまって、うとましく感じるんです。

あなたからすると、親は心の中にずかずか入ってくる、そんな感覚かもしれません。

でも親自身はそうは思ってません。

なぜなら日本の母親は、子供は自分の一部のように考えていることがほとんどだからです

自分が 自分を自由にするのは当然だという感覚なので、迷いがありません。

どんなに話してもすれ違うのは、こんな風に根本的な捉え方が違うからなんです。

衝突は避けてきた人にとって、親に「ノー」言うことは大きなステップです。

今まで自己主張せずに合わせて生きてきたのは、主張をすれば衝突するとわかってるからですよね。

今までいう事をきくいい子だったあなたが突然ノーを言い始めると、「いつからそんな風になったの?」「あなたはそんな子じゃないでしょ。」と言われて、罪悪感を覚えるかもしれません。

体の不調をあなたのせいにしたり、泣き落としを使って「あなたがこれをしてくれないから。」と不幸なのはあなたのせいだと言いだすかもしれません。

でもそれは、あなたのせいではありません。

母の束縛から自由になるための具体的な方法を話しています。
どうぞ、続きも聴いてみてくださいね!
(いいね!+youtubeチャンネル もらえたら励みになります!)

子供だからといって、親の思い通りに一生を生きる必要はありませんよね。自分を生きようとすれば、親の意にそぐわないことがでてくることは当然なんです。

悩みはあなたと家族がもっと幸せになるための贈り物!
大丈夫!あなたにもできます!
著者 心理カウンセラー/講演家 かなう美保  12歳までの記憶を失う体験をする。重い障害の娘を自宅で看護し、自らの手の中で天国に送った。息子の頭にこぶし大の腫瘍ができ、頭蓋骨が3㎝の半円状に溶ける経験をした。発達障害のため先生からいじめられ不登校からひきこもりになった息子に寄り添い、やがて息子は自ら勉強を始め大学に入学、社会復帰を果たしている。

 カウンセリングに興味のある方はこちら! 
HP http://kanaumiho.com/ 
Facebookアカウント https://www.facebook.com/mihokanau


youtubeはこちらから!

posted by かなう美保 at 15:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 過干渉母 | 更新情報をチェックする

2023年02月24日

【vol. 512 人生脚本を書きかえる秘訣】親の影響から自由になる!《悩みは神様からの贈り物!》

StockSnap_YL2ONPJQ41.jpg










いつも聴いてくれてありがとう!seesaa280万達成できました!

生声メッセージは、こちらからお聴きいただけます!
 

親から完全に自由に育つことができる人はいません。いい意味でも悪い意味でも、親は子供の人生に影響を与えます。

子供の時に自分の親が、不安や怒り、失望や欲求不満などを抱えていたことで、親が亡くなったあとですら、そことが自分の人生に大きな影響を与えることはよく起こります。

言葉以外にも表情や態度からなども、子供はメッセージを受け取って、子供がそれを自分に取り入れたために、

自己肯定感が低くなったり、悩みや問題の多い人生を送る原因になることがあります。

家庭内の緊張感が強いと、子供は適応するため「人生をこうやって生きていこう。」と決めます。これを人生脚本といいます。 

人生脚本はだいたい3歳から6歳できまるといわれています。


例えば親が鬱っぽかったり、心に余裕がなくていつもイライラしてたりすれば、子供は「近寄るな」というメッセージを受け取ります。

その結果、大人になっても、他の人といるとリラックスできず、ありのままの自分を人に見せることを恐れたり、親しい関係を築くことに難しさを感じたりします。

また親が自分の悩みや問題で頭がいっぱいで、子供に配慮できないという場合、そこで育つ子供は「子供らしくてはいけない。」と考えます。

その結果役立つ存在にならなければ、自分には価値がないと感じます。

役に立ち続けるためには、自分の感情など構ってはいられません

その結果大人になっても心を無視して、過労になるまで働いたりすることもよくあります。


今日は、自分がいま抱えている問題と様々な人生脚本との関係、そこから自由になる秘訣を話しています。
続きも聴いてみてくださいね!
(いいね!+youtubeチャンネル もらえたら励みになります!)
今まで自分がどんなメッセージに縛られてきたかに気づくことができれば、自由への道はもう始まっています!
悩みはあなたと家族がもっと幸せになるための贈り物!
大丈夫!あなたにもできます!
著者 心理カウンセラー/講演家 かなう美保  12歳までの記憶を失う体験をする。重い障害の娘を自宅で看護し、自らの手の中で天国に送った。息子の頭にこぶし大の腫瘍ができ、頭蓋骨が3㎝の半円状に溶ける経験をした。発達障害のため先生からいじめられ不登校からひきこもりになった息子に寄り添い、やがて息子は自ら勉強を始め大学に入学、社会復帰を果たしている。

 カウンセリングに興味のある方はこちら! 
HP http://kanaumiho.com/ 
Facebookアカウント https://www.facebook.com/mihokanau

youtubeはこちらから!





posted by かなう美保 at 16:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 自己肯定感、生きづらさ | 更新情報をチェックする

2023年02月17日

【vol.511三日坊主から脱却する】-決めたことをやり遂げる自分になる秘訣《悩みは神様からの贈り物!》

StockSnap_VNSUU5BVLT.jpg
















seesaa280万達成しました!いつも聴いてくれてありがとう!

生声は、こちらからお聴きいただけます!

皆さんは、「これをやろう!」と決めたこのに、三日坊主になってしまうことってありますか?

今日は三日坊主から脱却する秘訣をお話しします。

ところで皆さんはゲームはよくやりますか?

今はいろんなゲームがあって、ストレス発散や気晴らしにプレーをする方も多いですよね!

中にはゲームが楽しすぎて、やめられなくて困っている人もいるようです。

でも、ゲームはなぜ、頑張らなくても続けられんでしょう?

ゲームを制作する人はどうやら、モチベーションが下がらないことに心を砕いているようです。

それならゲームの手法を取り入れれば、三日坊主から脱却できるかもしれませんね。

「こうなりたい!」とはっきりとした目標がもっていても、自分が前進してるのか、停滞してるのかわからなければ、モチベーションは徐々に下がっていきます。

ゲームには、モチベーションを保つために、達成感を感じる仕掛けがたくさんあるんです。

普段の生活でも、達成感を感じてモチベーションを維持するためには、小さなゴールをたくさん作るのがいいようです。

この小さなゴールは難しすぎず、かつ簡単すぎないことが大切です。

あんまりはりきってゴールを高くしすぎると、なかなかたどり着かないので、やる気が下がってしまうからです。

かといって簡単すぎても達成感を味わうことができません。

「できた!」という達成感が味わえる、ちょうどいいゴールを階段上状につくれれば、大きなゴールにやがてたどりつくことができます。

三日坊主になる理由には、なんとなくモチベーションが下がってしまったという事の他に、

上手くいかず嫌になって、途中で投げ出してしまうということもありますよね。

そんな時はどうすればいいんでしょう?

途中で投げ出さずに継続できるための秘訣を話しています。続きも聴いてみてくださいね!
(いいね!+youtubeチャンネルとか もらえたら励みになります!)

三日坊主になってしまいそうなときは、自分を責めるより励ます方が効果があります!
悩みはあなたと家族がもっと幸せになるための贈り物!
大丈夫!あなたにもできます!
著者 心理カウンセラー/講演家 かなう美保  12歳までの記憶を失う体験をする。重い障害の娘を自宅で看護し、自らの手の中で天国に送った。息子の頭にこぶし大の腫瘍ができ、頭蓋骨が3㎝の半円状に溶ける経験をした。発達障害のため先生からいじめられ不登校からひきこもりになった息子に寄り添い、やがて息子は自ら勉強を始め大学に入学、社会復帰を果たしている。

 カウンセリングに興味のある方はこちら! 
HP http://kanaumiho.com/ 
Facebookアカウント https://www.facebook.com/mihokanau

youtubeはこちらから!


posted by かなう美保 at 15:32| Comment(0) | TrackBack(0) | モチベーション | 更新情報をチェックする

2023年02月10日

【vol.510 全盲の先生が教えてくれたこと】-日本で初めて全盲のクラス担任になった先生《悩みは神様からの贈り物!》

StockSnap_IGUXR4BMEJ.jpg











280万PV達成できました!いつも聴いてくれてありがとう!
生声は、こちらからお聴きいただけます!

皆さんはもし学校から帰ってきた我が子が、「今度の担任の先生は目が全然見えないんだよ~」といったら、どう思うでしょう?

「え?目が見えなくて、担任ができの?」と考えるかもしれません。

実はこの日本には全盲になりながらも、中学校の担任をしてきた先生がいらっしゃるのをご存知ですか?

ヨシノリ先生の愛称で親しまれている新井淑則さんは、2014年に日本で初めて全盲の教師として普通中学のクラス担任になりました。

金八先生に憧れて教師を目指したというヨシノリ先生、希望に燃える教員生活の中、最初に目に違和感を覚えたのは28歳の時だったそうです。

そしてそのわずか2年後には右の目の視力を失うことになりました。

「あなたの状態では子どもの安全は保証できない。」そういわれたヨシノリ先生は養護学校への転勤を命じられました。

「いつかまた必ず中学で教えたい。」そう考えたヨシノリ先生は、養護学校での仕事をそれまで以上に仕事を頑張りました。

でもその結果、残された左目を酷使することになり、6度の手術の甲斐もなく、ヨリノリ先生は34歳の時両目を失明してしまいました。

「もう働くこともできない。」両目を失明し、すべての希望を失ったヨシノリ先生は、人生が真っ暗になったそうです。

絶望のどん底の中「見えないなら、生きている意味がない。」と思いつめ病院の7階から飛び降りる事ばかり考えていたといいます。

視力を失ってどん底の状態に陥ったヨシノリ先生が、どうやって再び中学校の先生になることができたんでしょう?絶望の中で希望を見出していくストーリー、どうぞ続きを聴いてみてくださいね! (いいね!+youtubeチャンネルとか もらえたら励みになります!)

私たちの人生にも「これさえなければよかった。」と思うことがあるかもしれません。でもそれがあったからこそ、よかった!といえる日が必ず来るんです!
悩みはあなたと家族がもっと幸せになるための贈り物!
大丈夫!あなたにもできます!
著者 心理カウンセラー/講演家 かなう美保  12歳までの記憶を失う体験をする。重い障害の娘を自宅で看護し、自らの手の中で天国に送った。息子の頭にこぶし大の腫瘍ができ、頭蓋骨が3㎝の半円状に溶ける経験をした。発達障害のため先生からいじめられ不登校からひきこもりになった息子に寄り添い、やがて息子は自ら勉強を始め大学に入学、社会復帰を果たしている。

 カウンセリングに興味のある方はこちら! 
HP http://kanaumiho.com/ 
Facebookアカウント https://www.facebook.com/mihokanau


youtubeはこちらから!





posted by かなう美保 at 14:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 生きづらさ、アダルトチルドレン | 更新情報をチェックする

2023年02月03日

【vol.509 子供の人生に干渉し続ける母】-母の支配から抜け出る!《悩みは神様からの贈り物!》

StockSnap_CIK89T8T4R.jpg













生声のメッセージは、こちらからお聴きいただけます!

自分のお母さんは誰にとっても特別な存在ですよね!
でも特別であるゆえに、その存在に苦しむ人も多いようです。

今日は、大人になった娘の人生に干渉し続ける母の支配から抜け出る秘訣をお話しします。

女の子たちは、だいたい小学校4年生ぐらいで思春期の入り口に立ちます。

それまで母に全幅の信頼を寄せて、なんでも言う通りにしてきて女の子たちも、自我が育ち同性の母を客観視するようになっていくんです。

それはその子が大人の女性に成長するために必要なステップです。

でもそれまでは、自分のいう事を聞いていた娘から、批判的な眼差しを向けられた時、母親の反応は、大きく二つに分かれていきます。

一つは娘の成長を認めて、それまでの干渉を徐々に緩め自立させようとする母親。

もう一つは、娘の成長に不安を感じ、もっと自分の言うことを聞かせようとして、さらに束縛を強める母親です。

これが娘たちの息苦しさをつくっていきます。

母の支配から抜け出る難しさは、それが力づくではなく、愛情という形をとるからです。

「あなたのことを心配してるの」「これはあなたのためだから」そんな言葉で、母は娘を支配します。

息子の場合も同じです。

母親の言葉は、自分のためのように聞こえるので、娘はそれを無下にすることに罪悪感を覚え、このことが母の支配から出ることを難しくしているんです。

母の過干渉から抜け出る詳しい秘訣を、話しています。どうぞポチッとして聴いてみてくださいね!
(いいね!+youtubeチャンネルとか もらえたら励みになります!)

あなたをお母さんに理解してもらおうと説得することをあきらめることが、距離をおくために大切です。
悩みはあなたと家族がもっと幸せになるための贈り物!
大丈夫!あなたにもできます!
著者 心理カウンセラー/講演家 かなう美保  12歳までの記憶を失う体験をする。重い障害の娘を自宅で看護し、自らの手の中で天国に送った。息子の頭にこぶし大の腫瘍ができ、頭蓋骨が3㎝の半円状に溶ける経験をした。発達障害のため先生からいじめられ不登校からひきこもりになった息子に寄り添い、やがて息子は自ら勉強を始め大学に入学、社会復帰を果たしている。

 カウンセリングに興味のある方はこちら! 
HP http://kanaumiho.com/ 
Facebookアカウント https://www.facebook.com/mihokanau

youtubeはこちらから!










posted by かなう美保 at 14:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 過干渉母 | 更新情報をチェックする