2021年11月18日

〈vol.458 いつも助ける役に回ってませんか?〉うまくいかないのは助け過ぎのせいかもしれません【【聴くと元気になるショートメッセージ 悩みは神様からの贈り物!】

StockSnap_FA5EUJGZYL.jpg















200万アクセス達成しました!いつも応援ありがとうございます!

こんにちは!
グレイスカウンセリング心理カウンセラーのかなう美保です。

こんなことってありませんか?

自分も忙しい時に同僚が疲れているのを見て思わず「私がやろうか?」と声をかけて仕事を代わってあげた。

自分の心の余裕がない時に、話を聞いて欲しそうだなと思う夫や友だちに「何かあったの?」と自分から声をかけた。


周りの様子や人の気持ちを察して、行動に移せることは、良いことですよね!

でもその一方で家族や周りの人から頼りにされて、どんどん仕事が増えてをオーバーワーク気味になったり、

気づいたらいつも聞き役になっていて、自分の話を聞いてくれる人は誰もいないなんていうこともあるかもしれません。

周りの人の小さなサインに気がついて、助けることができるのは、あなたの強みです。

でも困ってる人を見るたび「自分が助けないと…」といつも反応してしまうのであれば、あなたの責任を感じる範囲は広くなりすぎているのかもしれません。

子供の頃お母さんが忙しくて、自分が弟や妹の世話をしなくてはいけなかったり、お父さんがあまり家にいなくて、頼りにされていたという人は、責任感が強くなりすぎることが多いようです。

本来子供は気分屋で無邪気なものです。子供だからそれでいいんです。

でも子供時代に親を助ける役割を担いすぎると、本来自分の責任ではないことまで背負うことに慣れてしまい、責任を感じる範囲が広くなってしまうんです。

もし、周りの人を助け過ぎてしまって自分自身の幸せ感がもてなかったり、
「自分ばかりやっている」と感じたり、また相手の自由奔放さや無責任さにイライラするのであれば、それはあなたが助けすぎているサインです。

助け過ぎになってしまう原因や対処の方法を「聞けば元気になるショートメッセージ 悩みは神様からの贈り物!」で話しています。 どうぞ再生ボタンポチッとして聞いてみてくださいね!
(いいね!+youtubeチャンネル登録 もらえたら励みになります!)

助けすぎてしまう人は、長い間周りの人の気持ちを大切にしてきたのだから、今度は自分の気持ちを大切にしてあげてくださいね!

悩みはあなたと家族がもっと幸せになるための贈り物!
大丈夫!あなたにもできます!

毎週金曜日に配信します

著者 心理カウンセラー/講演家 かなう美保   12歳までの記憶を失う体験をする。生まれつき重い障害の娘を自宅で看護し、自らの手の中で天国に送った。中学生の息子の頭にこぶし大の腫瘍ができ、頭蓋骨が3㎝の半円状に溶ける経験をした。発達障害のため先生からいじめられ不登校からひきこもりになった息子に寄り添い、やがて息子は自ら勉強を始め大学に入学、社会復帰を果たしている。

詳しいこと http://kanaumiho.com/
Instagram https://www.instagram.com/mihokanau/?hl=ja
Facebookアカウント https://www.facebook.com/mihokanau

youtubeはこちらクリック!





2021年11月12日

〈vol.457 幸せ感覚を開放すると自己肯定感が高くなる!〉ネガティブな自分の感覚を大切にすると自己肯定感は上がる【聴くと元気になるショートメッセージ 悩みは神様からの贈り物!】

StockSnap_AO0XJJMKXU.jpg












200万アクセス達成しました!いつもありがとう!

再生ボタンを押すと生声配信をお聴きいただけます!

こんにちは!
グレイスカウンセリング心理カウンセラーのかなう美保です。

皆さんにとって幸せって、具体的にどんなことでしょう?

イケメンや美女と結婚をし、人も羨む大きな家に住んで、可愛い子供とおしゃれな生活をする。もしくはバリバリ働いて人に認められる。
いいですよね!

でもともすると私たちは、社会の風潮や世の中の価値観に影響うけ、これこそ幸せだと決めてしまう事で、何に自分が本当に幸せを感じるのかわからなくなってしまうことがあります。

食べ放題のバイキングで、元を取ることばかり考えた結果、結局ゆっくり食事が楽しめなかったなんていう経験、皆さんもあるかもしれません。

また、どこかに出かけてせっかく素敵な景色に出会ったのに、次のスケジュールが気になり、景色を堪能することなく写真だけ撮ってきたなんていう事もあるかもしれません。

人からどう見えるとか、効率がいいとか悪いとか、そういうことに私たちはどうしても気を取られてしまいます。でもすべてうまくいったのに、結局あまり幸せじゃなかったとしたら残念ですよね。

今日は、自分の幸せ感覚を開放して、日々が幸せになり、自己肯定感も高くなる秘訣を考えたいと思います。

「嫌だな。」「疲れたな」「めんどくさいな。」とか「辛い」「悲しい」というちょっと面倒だなという感覚を感じた時、とっさに心の蓋をしめて、それを無視するという事はよく起こります。

でもこういうちょっと手間のかかる感覚に蓋をすれば、効率はいいかもしれませんが、良いものを感じたり、幸せを感じる感覚も一緒に鈍くなってしまうんです。

あまりありがたくない気がする感覚も、大切なあなたの一部分ですよね。

煩わしい感覚を否定することは「効率のいい自分は認めるけれど、面倒をかける自分は表に出ちゃダメ。」と他の誰でもないあなた自身が、自分を否定している状態です。

自分が自分を肯定しなければ自己肯定感を下がるのは当然なんです。

続きを「悩みは神様からの贈り物!」で話しています。 どうぞ再生ボタンポチッとして聞いてみてくださいね!
(いいね!+youtubeチャンネル登録 もらえたら励みになります!)

自己肯定感がないという、一見どうしていいかわからないような大きな悩みも、小さなことを続ければ確実に変わることができます。

悩みはあなたと家族がもっと幸せになるための贈り物!
大丈夫!あなたにもできます!

毎週金曜日に配信します

著者 心理カウンセラー/講演家 かなう美保   12歳までの記憶を失う体験をする。生まれつき重い障害の娘を自宅で看護し、自らの手の中で天国に送った。中学生の息子の頭にこぶし大の腫瘍ができ、頭蓋骨が3㎝の半円状に溶ける経験をした。発達障害のため先生からいじめられ不登校からひきこもりになった息子に寄り添い、やがて息子は自ら勉強を始め大学に入学、社会復帰を果たしている。

詳しいことは http://kanaumiho.com/
Instagram https://www.instagram.com/mihokanau/?hl=ja
Facebookアカウント https://www.facebook.com/mihokanau
youtubeはこちらクリック!


2021年11月05日

〈vol.456 エナジーバンパイアになってませんか?〉元気にするつもりがエネルギーを奪ってる!?【聴くと元気になるメッセージ 悩みは神様からの贈り物!】

StockSnap_3DEVZBRZDQ.jpg















いつも応援ありがとう!200万アクセス達成しました!
再生ボタンを押すと生声配信をお聴きいただけます!

こんにちは!グレイスカウンセリング心理カウンセラーのかなう美保です。

皆さんは、エナジーバンパイアという言葉をご存知ですか?バンパイアというは、吸血鬼のことですよね。

つまりエナジーバンパイアは、相手からやる気や気力などのエネルギーを吸い取ってしまう人ことです。

もともとはスピリチュアルな方面から発生した言葉のようです。

「この人と話すとなんだか疲れる。」「後からもやっと嫌な気持ちになる。」こんな経験は誰でもあるかもしれません。これは相手があなたのエネルギーを吸い取ったことで、感じる感覚です。

一緒にいて元気をもらえる人と、元気を吸い取る人、どちらがいいと聞かれたら、やっぱり元気をくれる人と一緒にいたいと思いますよね。

友達や職場、夫婦関係で「なんとなく、会話がスムーズにいかない」と感じたり「もしかしたら、ちょっと避けられてるかも…」と思うとしたら、それはあなたが、知らないうちにエナジーバンパイアになっているからかもしれません。

今日は、私が考えるポジティブバンパイアとネガティブバンパイア、2種類のエナジーバンパイアについて、お話ししています。

一つ目はポジティブバンパイアです。ポジティブバンパイアの人は、一般的に元気で、自信に満ちています。そして自信のなさげな人を見るとアドバイスして、元気にしてあげようと考えるんです。

「元気づけてあげることのどこが悪いの?」と思う方もいらっしゃるかもしれません。

でも「すっごく元気な人と話をして疲れた~」という経験がある方も多いのではないでしょうか。

でも具体的にポジティブバンパイアの何が問題なんでしょう?

それはダメな相手の上に自分が立つという話し方になってしまっているところです。

続きを「悩みは神様からの贈り物!」で話しています。 どうぞ再生ボタンポチッとして聞いてみてくださいね!
(いいね!+youtubeチャンネル登録 もらえたら励みになります!)

人間は誰でも人に認めてほしいという思いがあります。

ポジティブバンパイアとネガティブバンパイアは、一見正反対のように見えますが、実は共通点があります。それは誰かに自分を認めてほしいという思いが言葉の下に隠れているところなんです。

悩みはあなたと家族がもっと幸せになるための贈り物!
大丈夫!あなたにもできます!

毎週金曜日に配信します

著者 心理カウンセラー/講演家 かなう美保   12歳までの記憶を失う体験をする。生まれつき重い障害の娘を自宅で看護し、自らの手の中で天国に送った。中学生の息子の頭にこぶし大の腫瘍ができ、頭蓋骨が3㎝の半円状に溶ける経験をした。発達障害のため先生からいじめられ不登校からひきこもりになった息子に寄り添い、やがて息子は自ら勉強を始め大学に入学、社会復帰を果たしている。

詳しいことは http://kanaumiho.com/

Instagram https://www.instagram.com/mihokanau/?hl=ja

Facebookアカウント https://www.facebook.com/mihokanau

youtubeはこちらクリック!