2017年06月21日

夫を諦めても 結婚はあきらめない vol.266

ブータンは 経済的に 
貧しい国であるにも かかわらず
2005年の国勢調査では 国民の97%が
「私は幸せだ」と答えたそうです。

97%って すごい数字ですよね。
ほぼ全員 というわけです。

国民の多くが チベット大乗仏教を 
信仰しているという ブータン
物質的には 貧しくとも、
心は 豊かな国なのかと 興味を持ちました。

ところが、
人々が なぜ 幸せだと感じるのか 
という理由を 聞くにつれて
印象は 変わってきました。

ブータンの人々が 
自分の 人生に対して 
期待値が あまりに 低く 
最初から 幸せを 諦めているようにすら
感じたからです。

「このくらいなら、幸せだと思うべき」と
自分に 言い聞かせているような 印象を持ちました。

本当のところは どうなのでしょうか?

夫を あきらめるということは
「私なんか マシなほう。
世の中には もっと ひどい人も いるんだから、
幸せだと 思わなくちゃ」と
自分に 言い聞かせることとは 違います。

続きを3分メッセージで話しています。
どうぞ 再生ボタンをクリックして聴いて見てください。再生ボタンが出ないときは、iphoneの方はポッドキャスト(Pのマークの標準アプリ)から、
”幸せ結婚生活力”を検索して、もしくは itunes、playFM に入って検索するとお聴ききいただくことができます。
posted by かなう美保 at 15:53
"夫を諦めても 結婚はあきらめない vol.266"へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: