2016年01月19日

夫の人間的成長を願ってはいけません vol.211

釣った魚にエサはやらない という諺は
どちらかと言えば 男性のもの。

多くの場合、女性たちは 結婚した後も
夫には 会社でも、家庭生活でも 成長をしていって
ほしいと願っています。
そして、自分に できることがあれば、
積極的に 夫を 手伝ってあげたいと 考えています。

女性からすれば、純粋な愛情表現でしかない
この 夫の成長を心から願う という妻の姿を
実は 夫は 不快だと感じていることが
多いようなのです。

何故でしょう?
夫たちは プライドが高く 
ひねくれているから でしょうか?

そうでもないようなのです。
どうやら 同じ景色でも 
男性の側からは、まったく違う風景が
見えているようです。

妻に 認めてもらいたがる夫、
しょっちゅう 妻に 褒めてもらいたがる夫というのは
以外に 多いです。

それは 男性が 潜在的に 
自分は この妻にふさわしくないのでは
ないのかという 劣等感を持ち続けるためだからです。

それに比べ女性は、
自分に自信がないと 感じる人でも
結婚生活が長くなり、子供を産み、育てる中で
母であり、妻である自分には 自信を持ち
その点の 疑いや不安は 感じなくなっていきます。

続きを3分メッセージで話しています。
どうぞ 再生ボタンをクリックして聴いてみてさい。
みほ

再生ボタンが出ないときは、iphoneの方はポッドキャスト(Pのマークの標準アプリ)から、
”幸せ結婚生活力”を検索して、もしくは itunes、playFM に入って検索するとお聴ききいただくことができます。
posted by かなう美保 at 15:46
"夫の人間的成長を願ってはいけません vol.211"へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: