2014年06月12日

罪悪感でひとをコントロールするひとの手法 vol.153

人を思い通りに コントロールして
支配したい人の とる手法は 
主に二つです。

一つ目は、にらみつけたり、怒鳴ったり、
沈黙するなどして 威嚇します。
こんなふうに 自分の怒りを
直球的に 表現することで
相手を 支配しようとします。

それに対して 二つ目は
罪悪感に訴える 変化球的手法です。
 
この手法の 困ったところは、
相手の怒りが 
正しさや弱さという 隠れ蓑の中に 
うまく カモフラージュされているために
あなたを支配しようとする動機が
見えずらくなってしまう ことです。

罪悪感に 訴える人の多くは、
自分自身を か弱く見せて
さも、被害者のようにふるまったりします。

その上で、
「あなたは 自分勝手だ。」などと
巧みに あなたの罪悪感に
猛攻撃を 仕掛けてきます。

続きをポッドキャスト〈インターネットラジオ〉で話しています。
どうぞ、クリックして聴いてみてください。

みほ

posted by かなう美保 at 12:42
"罪悪感でひとをコントロールするひとの手法 vol.153"へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: