2019年11月29日

自分の幸せにOKサインをだす vol.371

StockSnap_51IFMMFTD7.jpg




















詳しく知りたい方、カウンセリングや

セミナーに興味のある方は、クリック

こちらから音声をお聴きいただけます。

両親の中が悪かったりして

家の中に問題があれば

子供は自分のせいだと考え、

誰が教えたわけでもないのに、

家族の問題を背負いこんでしまいます。

どんなふうに問題を解決しようとするかは、

その子の生まれた順や性格によって

変わってきます。


長男であれば、勉強を頑張って、

親の誇りになることで問題を

解決しようとするかもしれません。


長女であればいい子になって、

お手伝いをしたり、

お母さんのかわりに、兄弟の世話を焼いたり、

時には酔い潰れたお父さんの解放までして

家族に貢献するかもしれません。


末っ子や一人っ子であれば、

自分の不安な気持ちを押し殺し、

ピエロのようにおどけて笑わせたり、

ペットのように可愛らしくいることで、

家庭の緊張を和ませようと

するかもしれません。


真ん中の子であれば反抗して、

問題児になることで「あの子はまったく…」と

冷めきった会話のない夫婦に

会話を与えようとするかもしれません。


でもどんなに頑張っても夫婦の問題を、

子供は、解決することはできません。

だから子供の心には

「あんなに頑張ったのに 

両親を幸せにできなかった。」

という不全感が心に残り、

それが

「自分はダメな子だ。ダメな存在だ。」

という自信のなさにつながってしまいます。


幸せではない家庭で育ったからこそ、

「幸せになりたい!」という思いは

人一倍強いのに、

子供の時に感じたその不全感ゆえに

「自分は幸せにに値しない。」

「私は頑張り続けなくちゃいけない。」

「自分は幸せになってはいけない。」


という思いを心の奥に抱えてしまいます。

だから生きることに時々疲れてしまうんです。

続きを3分ネットラジオで話しています。
どうぞ、再生ボタンをポチっとして
聴いてくださいね!

神様からの贈り物!

大丈夫、あなたにもできます!

こちらからも音声をお聴きいただけます。

もっと詳しく知りたい方、

グレイスカウンセリングのホームページ 
投稿へどうぞ!

Facebook 

かなう美保のグレイスカウンセリングも!





この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

過去ログ