2019年10月25日

妻の取り扱い解説 vol.366

StockSnap_IXP2CXMSSC.jpg
























詳しく知りたい方、カウンセリングや

セミナーに興味のある方は、クリック


こちらから音声をお聴きいただけます!

皆さん、こんにちは!

かなうみほです。

20年以上前、まだ私が 新婚だった頃のことです。

花が大好きな私は、

「誕生日には、花束が欲しい。」

と 主人に伝えていました。


ところが、主人は、

どうせ すぐに枯れる花を 

どうしても

あげたくなかったようです。


それで、どうしたかと言うと 

絶対枯れない花(!)を

買ってきました。

私が、とてもがっかりしたのは、

言うまでもありません。


人間関係の黄金律と呼ばれている

アメリカ人なら みんな知っている

聖書の言葉があります。


「人にしてもらいたいと 思うことは何でも、

あなたがたも人にしなさい。」


とても シンプルで

わかりやすい言葉ですよね。


でも、自分がして欲しいことを 

人にしてあげるって 

どういう意味でしょう?


例えば、あなたが食べ放題に行って、

「もう、これ以上無理。入らない!」

という状態で、帰ってきたとき、

「あなたの大好物でしょ!」と言って、

妻が巨大なステーキを出してきた。

それって うれしいですか?


妻は、自分がしてほしいことを 

あなたに したかもしれないけれど、

その時のあなたには、

嬉しくないことですよね〜


「自分のして欲しいことをする。」

その意味は、

『枯れる花に お金を払うのはくだらない!』

とたとえ、あなたが思ったとしても 

相手が喜ぶなら やってあげなさい 

という意味なんです。

今日も

「夫にも聴いてもらった!」と前回好評だった 

妻の取り扱い解説を

3分ネットラジオで話しています。
どうぞ、再生ボタンをポチっとして
聴いてくださいね!

こちらから音声をお聴きいただけます。

もっと詳しく知りたい方、
全文を文字で読みたい方は、

グレイスカウンセリングのホームページ 
投稿へどうぞ!

Facebook 

かなう美保のグレイスカウンセリングも!






この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

過去ログ