2019年09月27日

悩みが解決する人としない人の違い vol.362

StockSnap_ZQENDPB9UC.jpg
















詳しく知りたい方、カウンセリング、

セミナーに興味のある方は、クリック

こちらから音声をお聴きいただけます。

皆さんこんにちは!かなう美保です。
私の娘が3歳のころ 

「腕が痛くて 伸ばせない〜」と

言い出したことが ありました。


でもそれは、単なる思い込みで、

本当は 伸ばせたんです。

でも、私が無理に伸ばそうとすると

「痛い!」と顔を歪め、

頑なに伸ばすことを 拒みました。


遊んでる時は、だらんと伸びてるのに

「腕伸びてるよ!」というと

慌てて 「やっぱり痛い!」

と 涙目で訴える始末。


誰でも 

しばらくぶりに 腕を伸ばせば 

違和感を覚えますよね。

一週間近く 

腕を 曲げたまま過ごす娘を見て

「本当に 腕が伸びなくなっちゃうかも。」

と心配しました。

結果的には 取り越し苦労でしたが…


私たちの悩みも 

同じようなところが あるかもしれません。


皆さんは、悩みが解決する人と

しない人の違いって なんだと思いますか?

大きい悩みか、小さい悩みか?

そうですよね〜

私も以前は、大きい悩みだから

解決しないんだと考えていました。


でも、

たくさんの相談を受けるうちに 

解決するかどうかは、

悩みの大きさと 

あまり関係ないことが わかりました。



悩みは 大きさに関係なく解決する人と

解決しない人がいるようです。 

続きを3分ネットラジオで話しています。
どうぞ、再生ボタンをポチっとして聴いてみてくださいね。



もっと詳しく知りたい方、全文を文字で読みたい方は、

グレイスカウンセリングのホームページ 投稿へどうぞ!

Facebook かなう美保のグレイスカウンセリングも!



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

過去ログ