2019年04月25日

複雑な問題を劇的に改善する些細な方法 vol.343

StockSnap_IV7EK6TSJS.jpg

















こちらから音声をお聴きいただけます。

以前、ブラジルに住んでいた友人が 
空き巣に入られたエピソードを
聞かせてくれました。

とても治安の悪い街に住んでいた 
その友人は、外出する時 
家のドアに鍵を5個かけていたそうです。
でもその五重ロックを破って 
空き巣は押し入ったと言うのです。

ところがその話を 近所の人に言ったら
「鍵が5個じゃ 空き巣が入るのは当然でしょう!
7個は最低必要。」
と言われたというのです。 
びっくりしますよね!


もし 
皆さんの 街の治安すごく悪くて、
すぐ近くで殺人事件が 
たびたび起こってるとしたら、
どうすれば 治安がよくなると思いますか?

暴力団の資金源になってる、
薬物の取り締まりをする!
良さそうですよね〜

また 街を牛耳じってる
暴力団自体を取り締まって、解体させる!
実に効果がありそうです。

では、まずそうじすることにしました〜
と言ったとしたら どうでしょう?
掃除で、殺人事件が減ると思いますか?


実はこれは1980年代のニューヨークで、
実際に行われた対策だったんです。

当時のニューヨークの治安は、
信じられないほど悪く 自分の身近に一日で 
1600件の凶悪事件が起こり、
少なくとも5人の人が殺されている
という深刻な状態でした。


あまりにひどい状態だったので、
いったいどこから手をつければいいのか、
誰にも分からないほどでした。
どんな対策も 
焼け石に水という状態だったんです。

そんな中ニューヨーク市警長官のウィリアム・フラットは
具体的にどんな対策をとって、殺人事件を減らしたんでしょう?
続きを3分ネットラジオで話しています。
どうぞ、再生ボタンをポチっとして聴いてみてくださいね。

もっと詳しく知りたい方、全文を文字で読みたい方は、
グレイスカウンセリングのホームページ ブログへどうぞ!
Facebook かなう美保のグレイスカウンセリング


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

過去ログ