2016年10月25日

夫が離婚を考える3つのキーワード vol.240

一口に 男性といっても 
「黙って 俺について来い」という 亭主関白タイプから 
優しいタイプまで いろいろな人が いますよね。

前回のリストで、
「うちの主人は 優しいくて 
そんなに プライドが 高いほうじゃないから 大丈夫」と
思った方も いるかもしれません。
でも、そこが逆に 落とし穴になって しまうことがあります。

夫が 優しいタイプの場合、しっかり者の妻が 
率先して 家庭をしきることが 多いようです。
優しくて 妻の言うことを よく受け入れてくれる夫でも
その状態が 長く続くと 
徐々に 妻に対して 反発を感じるように なっていきます。

男性は どのタイプであっても 
女性に 支配されることを 好まないためです。
これは、どの男性も 
女性である 母から育てられていることに 由来します。

より良い人になってもらうために 夫を教育しようとする。
家事や育児を 強要する。
妻が、一人で物事を決めてしまう。
これはすべて、
夫からすれば 妻に支配されていると感じる事柄です。

これ以外の二つのキーワードについても 声の3分ブログで話しています。
どうぞ、再生ボタンをクリックして聴いてみてください。

再生ボタンが出ないときは、iphoneの方はポッドキャスト(Pのマークの標準アプリ)から、
”幸せ結婚生活力”を検索して、もしくは itunes、playFM に入って検索するとお聴ききいただくことができます。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
過去ログ