2014年09月25日

いくら 話し合っても良くならない訳 vol.162

世の中には、
なぜ 悪い種を蒔いても
平気でいられる人が いるのでしょうか?

空しさを 味わいながらも
良い種を蒔いている あなたが
一生懸命 思いやりを尽くしているというのに。

この人たちは、
相手の 気持ちを考えるとか
相手の 立場になってみるとか
そういうことが 出来ないのでしょうか?

こちらの気持ちを 推し測り
察して 行動することは
難しすぎるとしても
せめて、こちらの 
必死の訴えぐらいは まじめに聞いて
自分の行動を変える ということすら
ムリなのでしょうか?

わがままな人が、
わがままでなくなる為には
本人自身が、すごく強い自制心を
働かせる 必要があります。

今まで、そのわがままさで
困らずに、生きてこられたわけですから
よほどの 理由がなければ
そんな 大変な思いまでして
あなたに対して よい種を蒔こうとは
思わないでしょう。

いくら話しても 良くならないのは
そのためです。

詳しいことをポッドキャスト(インターネットラジオ)で話しています。
どうぞ、再生ボタンをクリックして聴いてみてください。
みほ
posted by かなう美保 at 14:39| Comment(0) | 結婚 恋愛 人間関係 職場関係 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください