2014年09月12日

虚しさの理由-良い種と悪い刈り取り vol.160

今日の 太郎さんは、
会社で 何かあったらしく
最初から イライラしていました。

そして 普段なら、
あまり 気にしないような
魚の焼き加減のことで
妻の花子さんを 批判し始めました。

『会社で 何かあったんだ。』と
心の中で察した 花子さんは、
『夫婦なんだから、こんなときこそ支えてあげなくちゃ。』
と 考えます。

細心の注意を払って 太郎さんの機嫌を 
逆なでしないように 気をつけながら  
花子さんは あえて 明るくいいました。

「ごめんね。ちょっとうっかりしてたから・・・」

でも、太郎さんの怒りは 収まりません。
今度は 花子さんの謝り方が悪いと
責めはじめました。

『長くなりそうだなぁ。』
と思いながら
でも、太郎さんの怒りを静めるために
花子さんは、もう一度謝りました。

でも、こんなとき 何故かいつも
花子さんは、虚しさを覚えるんです。

『結婚生活って こんなものなのかなぁ』と。

続きを、ポッドキャスト(インターネットラジオ)ではなしています。
どうぞ 再生ボタンをクリックして、聴いてみてくださいね。
みほ
posted by かなう美保 at 15:08| Comment(0) | 人間関係 結婚 職場 仕事 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください