2019年02月22日

こじれた話し合いのマジックワード vol.336

StockSnap_WG5EZJB5VY.jpg





















こちらから音声をお聴きいただけます。


皆さんこんにちは!かなう美保です。

話がこじれて 

喧嘩状態になってしまった時に 

一番大切なことは 相手の言葉や態度に 

反応しないということです。

反応をしないで

どうするのかというと 対応をします。

反応というのは 

売り言葉に 買い言葉で 

相手の態度に反応して 

自分が言うつもりがないことまで

言ってしまったりすることです。

つまり 相手がボタンを押したら

自動で飲み物が出てくる 

自動販売機のような状態に

自分がなってしまっているということなんです。

それに対して

対応するというのは 自分の意思を使って 

自分の言葉や態度を 選ぶということです。

相手を 無視することとは違います。

”対応”が できるようになってくると 

思わずいってしまった自分の言葉を 

あとで 後悔するようなことにはなりません。

だから反応をやめて、

対応をするということが大切なんです。


例えば 腹を立てた相手が 

あなたを激しく非難する時 

まず心に余裕を持つため 大きく深呼吸をしてから 

反応ではなく対応する と意識してください。

そして 相手に対してこう言います。

「あなたは、そう感じたんだね。」

「あなたが、そう思ったということは理解できました。」

「あなたは…」といえば、

相手の気持ちを 私は理解した

というメッセージを 送ることができます。

わかってくれない、理解してくれないと感じるとき、

人は何度も 同じことを繰り返してはなします。

そして繰り返し話しているうちに 

もっと腹が立ってくることが よくあります。

「私は あなたの言葉を理解した」ということは 

それに ”自分が同意をした”

という意味ではありませんよね。

今日はこじれた話し合いを解決するマジックワードを3分ネットラジオで話しています。

マジックワードをつかえば離婚も回避できるかもしれません。


どうぞ、再生ボタンをポチっとして聴いてみてくださいね。


もっと詳しく知りたい方、全文を文字で読みたい方は、

グレイスカウンセリングのホームページ もしくは ブログへどうぞ!

Facebook かなう美保のグレイスカウンセリング も!




過去ログ