2012年12月19日

想いが将来をつくるvol.92

あるところに、
鉄道操作場で働く ニックという男性がいました。
ある日、運悪くニックは 
冷凍車に 閉じ込められてしまいます。

脱出するすべのないニック。
「マイナス15度では 自分は 朝までもたないだろう。」 
と死を覚悟して ニックは遺書を 書きはじめました。

「寒い。体の感覚がなくなってきた。
救助されない限り、これが私の遺書になるだろう…」

翌朝、冷凍車の中で 冷たくなったニックが 見つかりました。
検死の結果は、やはり凍死でした。

でも実は、冷凍車のスイッチは 入っていなかったのです。
プラス16度の車内で、ニックはどうやって凍死したのでしょうか?

続きをポッドキャストで話しています。
どうぞ、聴いてみてください。
みほ
posted by かなう美保 at 14:43| Comment(0) | 人間関係 成功 自己啓発 | 更新情報をチェックする

2012年12月14日

「気にしないほうがいい」とアドバイスするのはなぜ?vol.91

気持ちの切り替えは、
男性よりも 女性のほうが 苦手なようです。

嫌なことがあったときに、
「いまさら考えても 仕方がない。」とわかっていても
つい考えてしまう という経験は、
女性なら、誰でもありますよね。

悩む女性に、
「気にしないほうがいい。」
「忘れたほうがいい。」と
アドバイスをしても、喜ばれることはありません。

それができないから、苦しんでいるんです。

男性は女性よりも、
気持ちを容易に 切り替えられるために、
親切心で アドバイスをしています。

女性が 気持ちの切り替えが、苦手なのと同じように
男性が、苦手なこともあります。
それは、行動の切り替えです。

つまり 今まで
「妻がやっていた家事をかわりに自分がやる。」
 というのが それにあたります。
続きを、ポッドキャストで話しています。

どうぞ聴いてみてください。
みほ

2012年12月07日

腰の重い夫でも家事を分担する秘訣 vol.90

今日は、夫に手伝ってもらうための具体的な方法を話しています。

お願いをするときに、大切なことは、
なぜやってほしいのか 理由を説明しないということです。

やってほしいと、強く思うほど、説明をしたくなりますよね。
でも、説明をすることは、かえってマイナスになります。

「私も、仕事をしていて忙しいから・・・」
「休みのときぐらい、やってほしい・・・」

男性によっては、
今までやっていないことを、責められているようにかんじたり、

「どうせ、やってくれないだろうけど・・・」
と信頼していないという
メッセージに受けとったりしてしまうからです。

もし、「何で俺がやるの?」
と理由をたずねられたら、

「やってくれると、助かるんだ。」
「忙しいんだ。」
など、一言だけの説明にします。

具体的な手順は、
1 何をお願いするかを慎重に決める。
2 夫の心の準備をする。
3 やってもらう
になります。

詳しいことを、ポッドキャストで話しています。
どうぞ、聴いてみてください。
みほ