2012年03月14日

熟年離婚防止五箇条

「女性の嫌な気持ちには 時効がない。」
といった人がいました。

男性にとっては、あまり ありがたくない話ですよね。

でも、積年の思いが 爆発して
熟年離婚なんてことが ないように

(幸せ結婚生活力を、聞いてくださっている 
皆さんですから、
そんな心配は ないと思いますが・・・)

今日は、熟年には まだ遠いという方も、
そして もう少しという方も
今から 備えられる、

熟年離婚防止五箇条について、話しています。

熟年離婚防止五箇条
1 やってみる 妻が喜ぶ家事一つ。
2 感謝の言葉 言ってみる。
3 世間話と今日の出来事 聞いてみる。
4 見栄、照れ、建て前、世間体は捨てる。
5 新婚時代の気持ちに なってみる。

詳しいことを、ポッドキャストで 話しています。

どうぞ、聴いてみて下さい。

みほ

2012年03月08日

相手と距離をとるべき時

「許したら、また、同じことが起こるのではないか。」
と恐れを感じるために 相手を許せない ということがあります。

この恐れは、私たちが自分を守るために 必要な感情です。
同じことが 繰り返される 危険のあるところに、
自分を さらさないためです。

許した後は、相手との関係が、元に戻ると考えがちですが
許すことと、関係を元に戻すこと
この二つは 分けて考えないと危険です。

「許す」というのは、主に、自分の心の 内側の出来事です。
つまり、許すことは 自分ひとりだけで 完結することができます。

でも、
「関係を元にもどす」には 自分と相手との 二人三脚が必要です。
相手が 協力しない二人三脚では うまくいくはずが ありません。

相手を 許した後、相手との関係を 戻すかどうかは、
きちんと 見分ける必要があります。


見分けるポイントを、ポッドキャストで話しています。

どうぞ、聴いてみてください。


みほ

2012年03月02日

誰のために ゆるすの?

「ゆるす」と聞いて

「ゆるすなんて、考えられない、ありえない。」

「なにがあったかを、知らないから、そんなことが言える。」

と感じる方も、いるかもしれません。


でも、
「ゆるす」ということは
実際に 起こったことできごとを 
うやむやにして 忘れることではありません。

また、
「こんないいことも あるのだから、このことは 目をつぶろう。」と
無理矢理に プラスマイナスの帳尻を 
あわせて、自分を納得させるのとも違います。

「ゆるす」という作業は、
相手のため というよりは
あなた自身が、将来 その出来事に縛られずに、
自由に生きていくために 必要なこと。

それは、自分を、大切にするということです。

続きを、ポッドキャストで話しています。

どうぞ、聴いて見てください。

みほ