2019年12月05日

vol.372 立ち直る力!レジリエンス

StockSnap_X2XRVZYTZ1.jpg






















詳しく知りたい方、カウンセリングや

セミナーに興味のある方は、クリック

こちらから音声をお聴きいただけます。

皆さんこんにちは!かなう美保です。

皆さんは、悩みや問題で傷ついた時、

心が折れてしまった時の

立ち直りは早い方ですか?


レジリエンスという言葉を

お聞きになったことがありますか?

復元力、立ち直る力という意味です。


悲惨な幼少期を送っでも、

周囲の予想に反して幸せな人生を送る人、

同じストレスを受けも乗り越える人と、

ダメージを受ける人の違いなどから

レジリエンスが、研究されるようになりました。


では立ち直る力、レジリエンスを

身につけるには、どうすればいいんでしょう?

今日は東京大学准教授の西大輔さんが

あげているポイントを参考にして、

私の視点でお話ししたいと思います。


レジリエンスを身につけるポイント

一つ目は楽観主義です。

皆さんは、自分の年齢を聞かれたら

何と答えますか?

「もう35歳です。」という人もいれば

「まだ65歳です。」という人もいますよね。

自分の年をもう何歳と考えるか、

まだ何歳と考えるかが、

その人のレジリエンスの

リトマス試験紙になります。


どちらの方がレジリエンスが

高いかは、もうお分かりですよね?

そうです!

「まだ!」と楽観的に答える人のほうが、

問題に対面して心が折れても、

立ち直りが早いんです。

これは、今日から実践できますよね!


きんさん、ぎんさんという100歳の双子姉妹が

テレビのCM に取り上げられたことがありました。

あるインタビューで

「CMでもらったお金は、何に使うんですか?」

という質問にきんさんが

「老後のための貯金」と答えたそうです!

100歳を超えてなお

「これからが老後!」と楽観的に考えるところが、

健康長寿の秘訣かもしれません。

続きの二つのポイントを

3分ネットラジオで話しています。
どうぞ、再生ボタンをポチっとして
聴いてくださいね!

神様からの贈り物!

大丈夫、あなたにもできます!

こちらからも音声をお聴きいただけます。



もっと詳しく知りたい方、

グレイスカウンセリングのホームページ 
投稿へどうぞ!

Facebook 

かなう美保のグレイスカウンセリングも!

posted by かなう美保 at 14:43| Comment(0) | #レジリエンス、回復力、不安、西大輔 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月29日

自分の幸せにOKサインをだす vol.371

StockSnap_51IFMMFTD7.jpg




















詳しく知りたい方、カウンセリングや

セミナーに興味のある方は、クリック

こちらから音声をお聴きいただけます。

両親の中が悪かったりして

家の中に問題があれば

子供は自分のせいだと考え、

誰が教えたわけでもないのに、

家族の問題を背負いこんでしまいます。

どんなふうに問題を解決しようとするかは、

その子の生まれた順や性格によって

変わってきます。


長男であれば、勉強を頑張って、

親の誇りになることで問題を

解決しようとするかもしれません。


長女であればいい子になって、

お手伝いをしたり、

お母さんのかわりに、兄弟の世話を焼いたり、

時には酔い潰れたお父さんの解放までして

家族に貢献するかもしれません。


末っ子や一人っ子であれば、

自分の不安な気持ちを押し殺し、

ピエロのようにおどけて笑わせたり、

ペットのように可愛らしくいることで、

家庭の緊張を和ませようと

するかもしれません。


真ん中の子であれば反抗して、

問題児になることで「あの子はまったく…」と

冷めきった会話のない夫婦に

会話を与えようとするかもしれません。


でもどんなに頑張っても夫婦の問題を、

子供は、解決することはできません。

だから子供の心には

「あんなに頑張ったのに 

両親を幸せにできなかった。」

という不全感が心に残り、

それが

「自分はダメな子だ。ダメな存在だ。」

という自信のなさにつながってしまいます。


幸せではない家庭で育ったからこそ、

「幸せになりたい!」という思いは

人一倍強いのに、

子供の時に感じたその不全感ゆえに

「自分は幸せにに値しない。」

「私は頑張り続けなくちゃいけない。」

「自分は幸せになってはいけない。」


という思いを心の奥に抱えてしまいます。

だから生きることに時々疲れてしまうんです。

続きを3分ネットラジオで話しています。
どうぞ、再生ボタンをポチっとして
聴いてくださいね!

神様からの贈り物!

大丈夫、あなたにもできます!

こちらからも音声をお聴きいただけます。

もっと詳しく知りたい方、

グレイスカウンセリングのホームページ 
投稿へどうぞ!

Facebook 

かなう美保のグレイスカウンセリングも!





2019年11月22日

大切にされたい!vol.370

StockSnap_PZC8QNTP4Z.jpg
















詳しく知りたい方、カウンセリングや

セミナーに興味のある方は、クリック

こちらから音声をお聴きいただけます。



皆さんこんにちは!かなう美保です。

大学4年の時から、

引きこもるようになA さんは

人から評価される自分になれば、

自信をもてると

子供の頃から考えていたそうです。


そのために、がんばって勉強をし、

よい成績を取り、学校の委員や

ボランティアも進んで取り組みました。

人に評価されたときは、

自分が大事な存在だ と感じられたからです。


ところが大学入学後、

自分を評価してくれる偏差値もなくなり、

結局 そういう評価は 

何の役にもたたないと感じ

自分の部屋に

引きこもるようになりました。


ある時、

ちょっとしたことがきっかけで、

「自分はずっと、

親に受け入れられてこなかった。」

と感じるようになり、その思いを

親にも『わかってほしい』

と思うようになりました。


それまでは、親にすら

本心を話さなかった A さんでしたが、

「自分は、子供として

十分に愛された気がしない。」

という不満や愚痴を、

聞いて欲しいと思ったんです。


A さんは、自分の気持ちを伝えました。

でも、話を聞いたお父さんは、

自分が、非難されていると感じ、

頭ごなしにA さんを否定して

自己弁護をはじめました。


お父さん自身も、

真面目で責任感の強い、努力の人でした。

『がんばって、評価されなくては。』

という価値観で 

お父さんも生きてきたからこそ、

無意識に、その生き方をAさんに押し付け、

評価されない自分でも、受け入れたほしいという

A さんの気持ちに気づけなかったんです。


そんな中、

それまで抑えていたA さんの怒りが爆発し

「俺の話を黙って聞け!」と

お父さんの胸ぐらを掴んで 

何度も何度も叫んだそうです。

続きを3分ネットラジオで話しています。
どうぞ、再生ボタンをポチっとして
聴いてくださいね!

神様からの贈り物!

大丈夫、あなたにもできます!

こちらからも音声をお聴きいただけます。

もっと詳しく知りたい方、

グレイスカウンセリングのホームページ 
投稿へどうぞ!

Facebook 

かなう美保のグレイスカウンセリングも!




過去ログ